三囲神社

寺 三井 寺 三井

木造吉祥天立像• 三井寺法明院の住職であった桜井敬徳師と出会い、 その導きにより受戒し帰依している。

12

第十四番 三井寺 : 西国三十三所

寺 三井 寺 三井

木造十一面観音立像• (平成26年)には改修が行われ、翌年春に休憩所「本寿院 ながら茶房」に改められた。 左の写真で右端に写ってるのが 「天狗杉」で左奥に見えるのが「金堂」の一部である。 北院 [ ]• 「三井の晩鐘」の鐘とは別のものである。

4

第十四番 三井寺 : 西国三十三所

寺 三井 寺 三井

この展示会には三井寺所蔵の門外不出の秘仏・秘宝をはじめ国宝、重要文化財が多数展示されている。

5

三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)

寺 三井 寺 三井

左の写真は上述の「霊鐘堂」中に置かれている 「弁慶の引き摺り鐘」である。 〔釈迦三尊坐像〕 康温作 木造素地 三井寺 釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩 釈迦如来像とのことですが 頭部より大きな透かし冠などの 装身具をされています。

17

園城寺

寺 三井 寺 三井

667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、が開かれました。 宗派: 天台寺門宗総本山 本尊: 如意輪観世音菩薩 開基: 大友与多王 縁起: 壬申の乱で敗れた弘文天皇の菩提を弔うため、皇子の大友与多王が天武15年 686年 に寺を建立したのが創始と伝えられている。

三井寺 百寺巡礼 kazu_san

寺 三井 寺 三井

国宝 [ ] 智証大師像(中尊大師)。 嘉永3年 1849年 の建立とされており、琵琶湖を眼前に見通すことのできる位置にあり、観月のための場所として好適である。 百体堂(県指定有形文化財) - 3年()に建立。

13

西国第二番 護国院(紀三井寺)

寺 三井 寺 三井

像全体から醸し出される空気が 近寄りがたい剛直な感じを強く感じました。 札所伽藍・絵馬堂• 国清寺外諸寺求法惣目録 大中十二年五月十五日 1巻• 秘仏で、特別な行事の時以外、開扉はされない。 なお、金堂本尊の弥勒菩薩像(弥勒如来とも)は、天智天皇の念持仏と伝え、唐からの請来像ともいうが、公開されたことがなく、写真も存在しないため、いかなる像であるかは不明である。

20