気象庁|南海トラフ地震について

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

発表までの処理に併うロス [ ] 地震発生直後の観測データを解析して速報を出すため、P波とS波がほぼ同時に到達するような震源に近い地域では、速報が大きな揺れに間に合わない。 震度5弱以上 観測した各地の震度データをもとに、1km四方ごとに推計した震度(震度4以上)を図情報として発表。 また、テレビ放送においては速報開始後、デジタル放送はアナログ放送よりも遅延が長いことが分かった。

気象庁|地震情報について

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

専用の端末機器では、あらかじめ設置する場所の位置情報や地盤の状態などを設定するなどし、速報時には警報音を鳴らしたり、音声により地震の発生や震度などを伝え、や、などにより地震の発生や震度、揺れるまでの時間などを伝える。 津波警報・注意報が解除されるまでは、避難を続けましょう。 また、「一般向け」緊急地震速報は、最低でも2か所以上の地震計が揺れを観測してから速報を発表しているため、震源地にもっとも近い1か所目の地震計が揺れを観測しただけでは速報が発表されない(「高度利用者向け」速報の場合は、速報が発表されるが、大きく誤差が生じることもある)。

11

過去の地震情報 (日付の新しい順)

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

スマートフォン以外では、が発売当初より緊急速報メールに対応する。 7」)、過大な予測震度(「震度7」ほか)など、根拠のない誤情報が出力された。 その後も技術的改善を重ね、精度は増してきている。

16

海外の地震情報 (日付の新しい順)

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

受信機器の内蔵音であるため、機器によっては音が異なる場合があるが 、基本は旧フジテレビ系列(FNN)の速報音に似ている(「ポーン」という音の連打)。 最初の対応機種は、2007年11月26日より順次発売の全機種、および2008年2月より順次発売予定のの対応の一部である。 津波の高さを「巨大」と予想する大津波警報が発表された場合は、東日本大震災のような巨大な津波が襲うおそれがあります。

過去の地震情報 (日付の新しい順)

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

表示テロップに関しては3行前後で、かつ1ページで表示されている。

18

気象庁|南海トラフ地震について

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

緊急地震速報でした。

19

緊急地震速報

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

・・(wbs)は従前通り『震度5強以上』での発報、(e-radio)については説明ページが無い為放送基準が不明。 在京民放ラジオ6局では、2008年1月17日に共同制作で事前周知特別番組を(同時放送)した。 5以上 発表対象 広く一般に発表 (主にテレビ・ラジオ放送、携帯電話速報メールなど) 登録利用者に配信(広く一般に公表・再配信している事業者もある) 備考 現状、緊急地震速報の発表時には、警報と特別警報は区別されない。

気象庁|地震情報について

地震 情報 気象庁 地震 情報 気象庁

この地震では、震源が海域だった。 これは、各地の地盤特性を組み込んだプログラムを導入することで改善できるが、海底など調査が十分でない地域もあり、向上が続けられている。 以降を搭載したPCおよび可能なインターネット回線が必要である。