源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

はなやかな顔だちの美人が非常に 痩 ( や )せてしまって、心の中には帝とお別れして行く無限の悲しみがあったが口へは何も出して言うことのできないのがこの人の性質である。 琴や笛の 音 ( ね )の中にその方がお 弾 ( ひ )きになる物の声を求めるとか、今はもう物越しにより聞かれないほのかなお声を聞くとかが、せめてもの慰めになって宮中の 宿直 ( とのい )ばかりが好きだった。 それは「天にあっては のように」「地にあっては のように」、かつて永遠の愛を誓い合った思い出の言葉だった。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 桐壺

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

雲の上も涙にくるる秋の月いかですむらむ淺茅生 (あさぢふ) の宿 おぼしやりつつ、燈火 (ともしび) をかかげつくして起きおはします。 図書館情報学用語辞典 0 new! 「目も見え侍らぬに、かくかしこき仰言を光にてなむ」とて見給ふ。 「更衣」という身分だったせいもあって、女御や他の更衣たちから、強い嫉妬を受けたわけです。

桐壺

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

うちにも御氣色賜はらせ給ひければ、「さらばこの折の御後見なかめるを、添臥 (そひぶし) にも」と催させ給ひければ、さおぼしたり。

15

源氏物語 桐壺 原文と現代語訳

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

明くる年の春、坊さだまり給ふにも、いと引き越さまほしうおぼせど、御後見すべき人もなく、また世の承 (う) け引くまじき事なれば、なかなか危くおぼし憚りて、色にもいださせ給はずなりぬるを、「さばかりおぼしたれど、限りこそありけれ」と世の人も聞え、女御も御心落ちゐ給ひぬ。

桐壺

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 長恨歌の主題 [ ] 長恨歌の主題は長年に渡って議論され続けており、主に世の乱れをふせぐための「諷諭」、玄宗の楊貴妃への愛を中心とした「愛情」のどちらかが主題ではないかと言われている。 返す返す運命が私に長生きさせるのが苦しゅうございます。

13

源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 問題

桐 和訳 物語 源氏 壺 桐 和訳 物語 源氏 壺

歌舞伎事典 1• 里勝ち(さとがち) 宮仕え人などが、実家に帰っているときが多いこと。 宮の御腹は、藏人の少將にていと若うをかしきを、右のおとどの、御なかはいとよからねど、え見過ぐし給はで、かしづき給ふ四の君にあはせ奉り、劣らずもてかしづきたるは、あらまほしき御あはひどもになむ。 源氏の君は朧月夜と逢瀬を重ねておりました。

4