源氏物語『桐壺』現代語訳(1)

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

p かしこき御かげをば頼み聞こえながら、おとしめ、疵を求め給ふ人は多く、わが身はか弱くものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。 帝と更衣は 前世でもご因縁が深かったのであろうか、この世に比類なく清らかで美しい玉のような男の皇子までもお生まれになった。

7

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

第二部はその後光源氏が死ぬまでの晩年を描き、第三部では光源氏死後の子孫たちの模様が描かれています。 現代の小説のように読みやすい訳をめざした。

7

源氏物語「光る君誕生」

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

h 前世においても、ご宿縁が深かったのだろうか、世にまたとなく清らかで美しい玉のような皇子までもお生まれになった。

7

源氏物語「光る君誕生」

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

六条御息所 東宮の死後、年下の光源氏と恋愛関係に陥る。 (桐壺の更衣と)同じ身分の更衣やそれよりも下の身分の更衣たちは、まして心穏やかではない。

源氏物語『桐壺』現代語訳(2)

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

若宮が誕生すると、第一皇子の母・弘徽殿女御 こきでんのにょうご はこの若宮が皇太子になるのではないかと疑った。 第一皇子は、右大臣の娘で女御となった人 =弘徽殿女御 のお産みになった方で、後ろ盾がしっかりしていて、疑いなく皇太子 になられる方である と、世間でも大切にお仕え申しあげているけれど、この 若宮の つややかなお美しさにはお並び申せそうもなかったので、 帝は第一皇子を ひととおりの大切な方としてのご寵愛で、この若宮は、秘蔵の子とお思いになって大切になさることこの上なもない。

『源氏物語』「光源氏の誕生」

物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏 物語 語 の 現代 訳 誕生 光源氏 源氏

一の皇子 みこ は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなきま も うけの君と、世にもてかしづき聞こゆれど、この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。 「瀬戸内寂聴訳」「谷崎潤一郎訳」など本当に立派な訳があるから、一つぐらい格式のない訳があってもいいと思った。 上・中巻はエンターテインメントに、下巻は純文学に近い。

6